300d

1960年式 W189 300d アデナウアー 希望販売価格¥14,000,000 ディーラー車 車検:平成30年9月28日

s-img_3202

s-img_98042

1960年式
W189 300d
希望販売価格¥14,000,000
外装:ベージュメタリック
内装:ホワイト(本革)
走行距離:12,161km
車検:平成30年9月28日
ディーラー車

s-img_9676●外装
オールペイントを実施しており、外装は最高の状態です。

s-img_9695

s-img_9682メッキも艶がありコンディション抜群!

s-img_9706

s-img_9680

s-img_3203-21タイヤは人気のホワイトリボン。

s-img_9693

s-img_9730丸みを帯びたボディはとても端麗でまるで女性のよう。

s-img_9719割れもなく綺麗なテールランプ。

s-img_9741

s-img_9831

s-img_9833

s-img_9783-2

s-img_9756●内装
本革のシートは張り替え済みで座り心地抜群。

s-img_9773リアシートもご覧の通り、広々としておりラグジュアリー感溢れます。

s-img_9763

s-img_9803

s-img_9784

s-img_9796細部に渡りデザイン性の高い300d。

s-img_9801

s-img_9819ウッドもリペア済みで綺麗です。

s-img_9840●機関
フット、内装、メッキ、機関レストア済み。

s-img_9677●総論
ご興味ある方はご連絡お待ちしております。
078-754-1170
info@silverstar.jp

●追記●
エンジンルームの写真を追加しました。

s-img_98961s-img_9898

*

*

*

●追加写真●

8月5日から7日まで開催されていた

オートモビルカウンシル2016」での300dアデナウアー。

s-img_3065

s-img_3202

s-img_3082



オートモビルカウンシル2016

2016年8月5日〜7日に開催されていた

「オートモビルカウンシル」について

遅ればせながら女性目線でレポートさせて頂きます!

*****

会場は幕張メッセ。

s-img_3089

今まで日本になかったまったく新しい自動車イベント。

*

展示販売されたヘリテージカーはなんと80台超!

s-img_3180

最新型車とヘリテージカーが隣り合わせにあり、見所満載!

車の新旧をズバッと一挙に楽しめる最高のイベントだったかと思います。

s-img_31871

来場者はやはり男性が多かったですが

カップルや家族連れなども多く見かけました。

s-img_3179

夏休みらしいこんなお絵かきする

お子様の姿もありましたよ。

この日の絵日記に書いてね!っと背後から気持ちを送っておきました(笑)

*

*

さて、シルバースターが出展したお車3台をご紹介します!

まずは「AMG W109 300SEL6.8」

s-img_3075

シルバースターと言えばこの車!

というぐらい当社の顔になっているAMG。

車内外を食い入るように見つめられる

熱狂的なファンが多く、その方達からの質問は知識が高すぎて

私の出る幕はありませんでした💦

s-img_3168

スタッフ一同驚いたのが、

貼っているステッカーへの絶賛の嵐!

本当にこの表現が全くオーバーではないぐらい

「当時を感じさせる」と大反響でした。

s-img_3164

ちなみにこのミニカーもとっても人気者でしたよ(笑)

*

続いては「W121 190SL」

s-img_3066

こちらは個人的に大好きなお車で、きっと女性のお客様にも

興味を持って頂けると確信めいたものがありました。

s-img_3172

この思いは想像以上のものとなり、

他に展示している2台には素通りの女性も

190SLだけはスマホで前から後ろから

撮って下さってました。

s-img_3206

外観はこのままでエンジンは最新のものを乗せてくれればなぁ〜

と女性からの声、多数。

私もこの気持ち分かります!

レストア車なので安心して乗って頂けますよ!

*

最後に「アデナウアー W189 300d」

s-img_3202

大きなボディーのアデナウアーは

会場でひと際目立つ存在でした!

老若男女に一番関心を持って頂けた車かと思います。

s-img_3071

最終日、サイドの窓を開けてピラーレスで展示したところ、

思った以上に驚いて頂けました。

s-img_3193

この大きなボディー、しかも4ドアなのにピラーレス。

当時からの技術力の高さとセンスの良さを

実感して頂けたのではないでしょうか。

s-img_3199

私自身、カーイベントに参加したのが初めてで

見るものすべてが新鮮でした。

s-img_3124

s-img_3144s-img_3107今までのイベントとの違いは

・混雑し過ぎず、じっくりと車を見ることが出来た

・純粋に車好きが集まっているイベント

・車の展示スペースが広く、色々な角度から写真を撮れた

・価格表示をしているのが新鮮

などなど・・・

接客時のお客様との会話や、

お客様同士で話されている会話に耳をダンボにしながら

ゲットした情報です(笑)

s-img_30691

神戸にお店を構える当社にとって

こうやって関東のお客様にお車を見て頂ける

大変貴重なイベントとなりました。

ホームページや自動車雑誌等で

当社を既にご存知の方もたくさんいらっしゃっり

とても有難かったです。

色んな発見があった目まぐるしい3日間。

ご来場頂いたお客様ありがとうございました。

s-img_3241


2016年08月24日

コメント 0件 »

カテゴリー 190SL, 300d, AMG300SEL6.8

タグ 


レストア中 300d アデナウアー

s-1***
「300d アデナウアー」
西ドイツの初代連邦首相
コンラート・アデナウアーに愛用されたこともあり
「アデナウアー」の異名でも知られています。
ローマ教皇ヨハネ23世の専用車でもあり
世界のVIPに愛された名車。
1950年代におけるメルセデスの最高級車です。
***

*

*

只今レストア中の300dの作業状況ですが、塗装完了。

縦長のグリルや大型ヘッドライトなどクラシカルなデザインが魅力的。

s-img_4483

写りこむ秋空が綺麗。

s-img_4447

ウッドのリペアも完了!

この時代のメルセデスらしくグロスウッドを贅沢に使用

s-img_4448

インストルメントパネルがラグジュアリー!

s-img_4449

さて、気になる次の工程は「内装の張り替え」。

本国から革を取り寄せて準備万端です。

s-img_4486

今のシートに取り寄せた革を当てて、

華麗な変身を想像し、一人ワクワクしております。

s-img_4481

これから仕上がるまでを随時レポートさせて頂きます!

60年前の車がまた動き出すのが楽しみ!!!

以上、現場からでした!

***

ご興味のある方はご一報くださいませ。

Tel:078-754-1170

e-mail:info@silverstar.jp


2015年09月18日

コメント 0件 »

カテゴリー 300d

タグ 


300d ”アデナウアー”

300d-0012300dはサスペンション整備が終了。アライメント調整をしました。

 

 

 

 

 

 

300d-0022調整はアッパーアームの外側のネジでのキャンバー調整はW113などと同じですが、トーはセンターロッドにも調整がありました。キャスターはフレームとサスペンションフレームの間にシムを入れる調整でした。苦しみましたがなんとか納得の数値がでました。

 

 

 

 

300d-0041エンジンは123Ignitionを装着してみました。進角曲線のデーターが無く、15の調整で一番フィーリングの良い所に設定してみました。明日の車検に向けて排ガスも調整。

 

 

 

 

 

300d-0032車検では室内のウィンカー警告灯も指摘されます。こちらも修理しました。ウィンカーリレーが正規のもので無くハイフラ気味でしたのでダイオードを入れて調整しました。

 

 

 

 

 

 

300d-005苦労しましたが、何とか楽しみにしていた試乗に出ました。サスペンションは見違える程良くなりました。高速でも安心して乗れる感じです。下りの峠では結構攻めれるぐらいの仕上がり!普段の足でも充分いけそうです。エンジンも工場裏の坂道で40Km/hしか出ませんでしたが60Km/hからまだ加速します。整備前とは別車。久々に感動しました。
車が古いだけに整備の成果もわかりやすかったのかもしれません。まだ明日の車検が難関ですが・・・・。


2012年11月13日

コメント 0件 »

カテゴリー 300d

タグ 


300d サスペンション

300d-0021300dはリヤアクスルを降ろして分解整備しました。W113などと部品や取付が異なりますが、スィングアクスルです。

 

 

 

 

 

 

300d-0011右のアクスルチューブを取り外してブーツ交換するのは同じです。チューブの前にに伸びるシャフトはサイドブレーキシャフトです。W113では2人で楽勝ですが、300dのリヤアクスルはかなり重たくて3人がかりで腰が抜けそうになりました。

 

 

 

 

300d-0031マウントの50年の固着は半端じゃなく、20tのプレスをかけても抜けてきませんでした。鉄枠を削って分離しました。ブッシュやベアリングが抜けてこないことはよくあるので、なんとか対応できました。本日ブレーキのエア抜きまで行い、明日アライメントを調整して試乗します。
楽しみです!


2012年11月12日

コメント 0件 »

カテゴリー 300d

タグ 


 Page 1 of 2  1  2 »

このページの先頭へ