Blog

最新のお知らせ

W113  ドライブシャフトアウターベアリング

6.26 001.jpg アウターベアリング左


6.26 002.jpg アウターベアリング右


ブログでちょくちょく書くのですが、W113や108 109 111などのリヤのドライブシャフトアウターベアリングは左右で全く異なった物を使用しております。寸法は同じなのですが、右側はレースが動く特殊なベアリングを使用しています。これはデフの右側だけが上下に動く構造になっており、それにあわせたベアリングになっているのだと考えられます。昨日からデフのブーツおよびブッシュ等の交換しておりました。分解したデフが左右間違えてベアリングが入っていたことを従業員は気づいていたらしいのですが、そのまま組んでしまい、試走するとゴロゴロと異音が発生。デフ部分はバラしておらず、「何で音がでるの?????」動かしていない車だったので、何が起こるかわからないと思っておりましたところ、従業員が申告してきました。シャフトを抜くと、右ベアリングは手で持てないぐらい熱くなっていました。そのまま逆につけてもベアリングがイってそうなので、左右新品をつけて音は止まりました。従業員は申し訳なさそうに「俺のミスで・・・・。」と落ち込んでいましたが、私はこんな実験やりたくてもできない、良い経験させてもらったと喜んでおります。:lol:


アメリカのパーツ屋さんのカタログをみると左右の指定が無いように書いてる業者もあるので、注文の際は注意しましょう。