Blog

最新のお知らせ

車の価値

 しばらくブログをサボっていますと電話やメールで「心配してます」という言葉をかけられます。本当にありがたき幸せです。サボってたわけでもないのですが、いまいち不調で。:-(夏は強いほうなのですが、夏ばてと仕事の悩みなどが疲れをよんだのでしょうか。


よくお客さんから「自分の車は価値があるのか、直していくべきなのか」という質問をうけます。自論ですが、先日メールで返信した内容を書いてみます。


自論ですが、車の価値は時計や宝石のように希少性や造りで判断されていません。人間を遠くまで短時間で運ぶ道具であり、車の値段がつかなくても普通に走れば価値はあります。あとは本人の愛着や使用頻度にもよりますが。123セダンは世間の相場では値段がつきません。40万円もだせば買えるかもしれませんのでコレクションや投資目的で持っておくのは間違いのような気がしますし、当初から大衆車の位置づけで生産されており、やはり足車で使ってあげるのが正解なような気がします。私のW115も手がかかりました。18年間で180万円ほど使っています。工賃は入っていませんが60万ぐらいでしょうか。18年で250万円だとするととっても価値があると思いませんか。同級生は国産車を最低でも3台は買っています。比較も難しいですし価値観も立場も違いますから良い判断とは言いませんが、金額だけで見れば半分以下の支払で済んでいます。

ただ現状でとても貧しい暮らしを強いられているのはこの車が原因なので胸を張って「良かった」とは言えません。(笑い)

最後の一行が無ければ説得力もあるのですが・・・・。:-)