Blog

最新のお知らせ

AMG 300SEL 6.8

AMG 6.8のエンジンはいよいよ組み上げにかかりました。シリンダーヘッドガスケットの精度が悪く、加工修正していました。インジェクターパイプは知恵の輪のようで時間をとられています。今週中に車体に搭載して始動までいきたいと思っていますが・・・。端から見ている私の意見で、作業している2人(池内と室崎)は無謀と思っているかもしれません。エンジンはもう一回はバラす覚悟でやっています。これだけの改造ですと何が起こるかわかりません。形になってくると期待は膨らみます。


 横から口出ししかしないと嫌われそうなので、300SEのメーターなんぞ外してみまして掃除してみました。メーターは綺麗になり、動いていなかったシフトインジケーターも修理しました。

ついでにシフトストッパーブッシュとレバーブッシュの交換を行いました。コラムシフトの修理の定石で、ストッパーブッシュが欠落するとハンドル末切りでホーンが鳴ります。300SEはストッパーブッシュはありましたがゴム製の自作品、レバーブッシュ(写真右)は消滅していました。これだけの作業をするのに恐ろしく時間がかかりました。とくにメーター脱着は至難の技で、ダッシュの裏に手探りで工具を入れての作業・・・。「腕が鈍るとあかんから」とかっこつけてましたが、まだまだ修行不足を再認識しました。情けない:-(