Blog

最新のお知らせ

AMG 6.8 こだわりの1品パーツ

AMG6.8は最終の装飾パーツの製作などをやっております。写真などを見る限りフォグライトのステーは削り出しの立派なもので造られており、私が一言「ここは目立つ所やから手は抜けん」と言ったものですから、室崎の金属加工魂に火がつき、写真右のアルミの塊から ドリル ホールソウ グラインダー エンドミルの刃などいろんな物を駆使して左の作品を造り上げてくれました。凄いというより笑いが出ました。しかしながら本当にきれいにできており、シルバースターの本気度をわかりやすくしてくれる、こだわりの1品となりました。連日スタッフには頭が下がりっぱなし。ちなみに当社にはフライス盤がありません。近いうちに設備の導入をしてあげなければと痛感しました。


ちなみに片側の製作も残っております。室崎先生お願いします。